1. ホーム
  2. 消防・防災
  3. いざという時
  4. 土砂災害危険箇所マップについて

土砂災害危険箇所マップについて

この地図は、町民の皆様が身近にある土砂災害(がけ崩れ、土石流、地すべり)の危険箇所を把握し、日頃から備えていただくためのものです。
また、この地図は、和歌山県が調査、公表している土砂災害の危険性があるとして定められている条件に適合する地域を調査結果から抽出したものであり、実際の土砂災害の発生や被害の範囲を示すものではありません。
また、表示されている危険箇所以外の場所でも、土砂災害が発生する可能性があります。
なお、この地図における危険箇所の範囲は、法律で行為等が規制されるものではありません。

がけ崩れとは
豪雨、また地震により、地盤がゆるみ、突然崩れ落ちる現象を「がけ崩れ」 「土砂崩れ」と言います。崩れた土砂は斜面の高さの2倍にあたる距離まで届くこともあります。
土石流とは
谷や山の斜面から崩れた土や石などが、梅雨の長雨や台風の大雨などによる水と一緒になって、一気に流れ出てくる現象です。
地すべりとは
地すべりとは、緩やかな斜面 の場所で、粘土のような滑りやすい地層に雨水などがしみ込み、その影響で地面が動き出す現象です。

高野町土砂災害危険箇所マップ(PDF)

作成元
砂防ホームページ(http://www.pref.wakayama.lg.jp/prefg/080600/index.html
   和歌山県県土整備部河川・下水道整備局砂防課

このページに関するお問い合わせ

防災危機対策室 
電話:0736-56-9911  ファックス:0736-56-2990
このページのトップへ