1. ホーム
  2. 消防・防災
  3. 消防団
  4. 高野町消防団の沿革

高野町消防団の沿革

消防組沿革誌石碑と拓本はこちら

明治16年 高野山(金剛峯寺)に消防の組織が結成される。
明治27年2月 勅令(ちょくれい)第15号「消防組規則」が公布され、 中谷伴吾氏を組頭に高野村消防組を設置する。
大正12年11月 最新式>BMW社製(40馬力)の手引き消防ポンプを購入。
昭和14年4月 警防団令の公布により、消防組を警防団に改組する。
昭和17年10月 高野山の警防団に消防ポンプ自動車が配備される。
昭和22年4月 消防団令の公布により、警防団を消防団に改組する。
昭和30年3月 優良消防団として、国家消防本部長より表彰旗を授与される。
昭和33年6月 町村合併促進法によって富貴村消防団と合併し、組織を改編、分団数は3分団となる。
平成4年6月 優良消防団として、和歌山県消防協会長より表彰旗を授与される。
平成15年2月 優良消防団として、日本消防協会長より表彰旗を授与される。
平成17年8月 高野町消防団に初めて女性が入団、本部直轄女性班として発足。
平成21年3月 優良消防団として、和歌山県知事より表彰旗を授与される。
平成23年3月 新準則活動服を整備。
平成23年4月 各分団に女性消防団員が配属されたこと伴い、各分団本部直轄女性班と組織を改編。

 

このページのトップへ