平成29年度 高野山学

高野山学は歴史と文化によって育まれた高野山の魅力を体系的に学び、再発見することを目的として、総本山金剛峯寺・高野山大学・高野町・高野町教育委員会の連携・協力によって開講する生涯学習講座です。
弘法大師空海が開創して以来、高野山は真言密教の聖地として独自の文化を創り、今日まで継承してきました。その文化を歴史・思想・芸術・信仰・自然・政治などのさまざまな視点で学ぶことによって、「高野山」の根底にある精神を知る事ができるのではないかと考えます。そして、「紀伊山地の霊場と参詣道」として世界遺産に登録されたいま、あらためてその精神を人々に向けて発信していくことが求められています。
このような視点から、本講座は学術的研究機関である高野山大学の全面協力のもと、高野山の文化を体系的に捉え、楽しみながら学ぶ講座となっています。

 平成29年度 高野山学について

平成29年度 高野山学 基本・中級講座日程及び講師一覧

  開講日 種別 講 師 講座時間 会場
1 4月15日(土) 基本

高野山大学名誉教授

山陰 加春夫

開講式 10:00~

10:30~12:00

201教室
2 5月20日(土) 基本

高野山大学図書館課長

木下 浩良

10:30~12:00

201教室
3 中級

高野山大学名誉教授

村上 保壽

13:00~15:00
4

6月17日(土)

基本

総本山金剛峯寺山林部長・宗務総長公室長

山口 文章

10:30~12:00 201教室
5 中級

高野山大学名誉教授

村上 保壽

13:00~15:00
6 7月15日(土) 基本

高野山大学准教授

松長 恵史

10:30~12:00 201教室
8月19日(土) 基本

高野山大学学長

藤田 光寛

10:30~12:00 201教室
中級

高野山大学助教

浜畑 圭吾

13:00~15:00
9月16日(土) 基本

高野山大学教授

乾 仁志

10:30~12:00 201教室
10 中級

高野山大学助教

櫻木 潤

13:00~15:00
11 10月21日(土) 基本

高野山常喜院住職

加藤 栄俊

10:30~12:00 201教室
12 中級

高野山大学教授

南 昌宏

13:00~15:00
13 11月18日(土) 基本

高野山大学教授

奥山 直司

10:30~12:00 201教室

講座の種類

基本講座 高野山の魅力を再発見する基本の講座(全8回)
中級講座 高野山についてより深く学ぶ中級の講座(全5回)
体験講座 現地学習、実修講座(4月・5月の基本講座で案内します)
  • 基本・中級講座は、きのくに県民カレッジに登録しています。(1講座につき2単位 シール2枚)
  • 基本・中級講座とも日程、内容等、都合により変更する場合があります。

基 本 講 座

時間:10:30~12:00 ※4月15日のみ10:00より開講式
会場:高野山大学  201教室

開催回 開催日 テーマ 講 師
第1回 4月15日(土) 高野の聖たち ー 『高野山往生伝』をよむ ー(1) 高野山大学 名誉教授
山陰 加春夫
第2回 5月20日(土) 高野山の真田一族の石塔 高野山大学図書館課長
木下 浩良
第3回 6月17日(土)

真言密教の正体 

ー 精神世界に秘められた可能性 ー

総本山金剛峯寺 山林部長・宗務総長公室長
山口 文章
第4回 7月15日(土) 曼荼羅の仏たち 

高野山大学 准教授

松長 恵史

第5回 8月19日(土)

高野山学僧の昇進次第(その1)

ー 白袈裟から緋衣へ ー

高野山大学 学長
藤田 光寛 
第6回 9月16日(土) 高野山引摂院の常塔師が開版した亀龍院曼荼羅について 高野山大学 教授
乾 仁志
第7回 10月21日(土) 高野山の声明 ー 南山進流 ー 高野山常喜院 住職
加藤 栄俊
第8回 11月18日(土) 高野山ゆかりの人々 ー ゴルドン夫人 ー 高野山大学 教授
奥山 直司

中 級 講 座

時間:13:00~15:00
会場:高野山大学 201教室
定員:設定なし

開催日 テーマ 講 師
5月20日(土) 空海と最澄の交流と別れ Ⅰ 高野山大学 名誉教授
村上 保壽
6月17日(土) 空海と最澄の交流と別れ Ⅱ 高野山大学 名誉教授
村上 保壽
8月19日(土) 高野山信仰の中世 ー 飛行三鈷伝承 ー 高野山大学 助教
浜畑 圭吾
9月16日(土) 平安時代初期の社会と仏教           ー 『秘蔵宝鑰』十四問答の世界 ー 高野山大学 助教
櫻木 潤

10月21日(土)

空海と中国古典              ー『秘蔵宝鑰』第六住心より ー 高野山大学 教授
南 昌宏
     

基本講座受講方法

どなたでも受講でき、興味や関心のある講座のみの受講もできます。
当日、直接会場(高野山大学)までお越し下さい。

※ 但し、基本講座年間受講をご希望の場合は要予約

中級講座受講方法

事前申込みの必要はありません。どなたでも受講でき、興味や関心のある講座のみの受講もできます。
当日、直接会場(高野山大学)までお越し下さい。大学2階で受付を行っています。(正午~午後12時50分)

受 講 料

基本講座・・・当日 1,000円(各回)  ※ 年間 5,000円 (予約制・8回受講可)

中級講座・・・当日 2,000円(各回)  体験講座・・・当日 1,000円

※基本講座年間受講の予約について

  • 官製ハガキか申込書に氏名・住所・電話番号を明記のうえ、郵送かファックスで事務局までお申込み下さい。
    (先着250名)
  • お申込み頂いた方には整理券を送付します。定員を上回った場合は、郵送にてご連絡します。
  • 年間受講される方の受講料(年間5,000円)は第1回講座(4月15日)当日に 整理券と一緒にご持参下さい。
  • 中級講座は受講料(2,000円)が別に、体験講座も受講料(1,000円)が別にかかります。
  • 過去に年間受講された方については、郵送にて申込書等送付いたします。

基本講座年間受講申込書ダウンロード

平成29年度高野山学基本講座 年間受講申込受付開始!

    平成29年度 基本講座年間受講申込書

    チラシ表  高野山学受講生募集

基本・中級講座会場

高野山大学(201教室)
和歌山県伊都郡高野町高野山385

 

※講義会場にお越しの際は出来るだけ公共交通機関をご利用下さい。

 

大阪方面からお越しの場合
南海電鉄なんば駅から特急(極楽橋行き)に乗り、約1時間20分で極楽橋着
和歌山・奈良方面からお越しの場合
JR和歌山線橋本駅で南海高野線(極楽橋行き)に乗換え、約40分で極楽橋着
⇒極楽橋からケーブルカーで高野山駅まで約5分。
駅前から南海りんかんバス(奥之院方面)に乗り 千手院橋東バス停まで約10分。
バス停から高野山大学まで徒歩4分

公共交通機関をご利用の場合ご活用ください ⇒ 電車・バス時刻表

体 験 講 座

要事前申込み 定員設定あり ※申込み多数の場合は抽選

4月・5月の基本講座において案内します(それまでの申込みはご遠慮ください)

開催日 テーマ 講 師
6月5日(月) フィールドワーク:高野山の真田一族の石塔(蓮華定院・奥之院) 高野山大学 図書館課長 木下 浩良

・この体験講座は、きのくに県民カレッジに登録しています。(1講座につき2単位 シール2枚)

お願い

各講座において受講風景の記録写真を撮影いたします。撮影した画像データは、広報等に使用する場合がありますので、予めご了承くださいますようお願いいたします。

講座の様子

 

このページに関するお問い合わせ

高野町中央公民館内 高野山学事務局
〒648-0211  和歌山県伊都郡高野町高野山486
電話:0736-56-2076  ファックス:0736-56-4831
このページのトップへ