1. ホーム
  2. 健康・医療・福祉
  3. 福祉制度
  4. 年金生活支援等支援臨時福祉給付金(低所得の高齢者向け)について

年金生活支援等支援臨時福祉給付金(低所得の高齢者向け)について

年金生活支援等支援臨時福祉給付金(低所得の高齢者向け)の実施について

◆年金生活等支援臨時福祉給付金とは?

 「一億総活躍社会」の実現に向け、賃金引上げの恩恵が及びにくい低年金受給者への支援によるアベノミクスの成果の均てんの観点や、高齢者世帯の年金も含めた所得全体の底上げを図る観点に立ち、社会保障・税一体改革の一環として平成29年度から実施される年金生活者支援給付金の前倒し的な位置づけになることも踏まえ、また、平成28年前半の個人消費の下支えにも資するよう、低所得の高齢者等を対象に年金生活者等支援臨時福祉給付金を実施します。                                                なお、臨時福祉給付金に関する一般的な問合せに対応するため、厚生労働省では専用ダイヤルを設置しています。

   厚生労働省「臨時福祉給付金」ダイヤル

   電話番号:0570-037-192

   開設日時:土日・祝日を除く午前9時から午後6時まで

 

◆支給対象者

【低所得の高齢者向けの年金生活者等支援臨時福祉給付金】

 平成27年度簡素な給付措置(臨時福祉給付金)の対象者のうち、平成28年度中に65歳以上となる者(昭和27年4月1日生まれ以前の者)

【低所得の障害・遺族基礎年金受給者向けの年金生活者等支援臨時福祉給付金】

 平成28年度簡素な給付措置(臨時福祉給付金)の対象者のうち、障害基礎年金又は遺族基礎年金を受給している者        (低所得の高齢者向けの年金生活者等支援臨時福祉給付金の給付対象者に該当する者を除く。)

 

◆支給額

 支給対象者1人につき 3万円

 

◆申請手続

 申請先は、基準日(平成27年1月1日)において住民登録がされている市町村となります。

 ※高野町の年金生活者等支援臨時給付金の申請は、平成28年6月を予定しております。

  対象者と見込まれる方には、平成28年5月下旬に申請書を郵送いたします。

配偶者からの暴力を理由に避難している方へ

 配偶者からの暴力を理由に避難しているが、事情により、基準日(平成27年1月1日)時点で住民票を移すことができていない方で一定の要件を満たす方は、今実際にお住まいの市町村に申し出ていただくことにより、年金生活者等支援臨時福祉給付金の申請を行なうことができます。該当すると思われる方は、お早めにご相談ください。

 ・手続きの完了後は、配偶者等から、申出を行なった方の福祉給付金の代理申請はできなくなります。

 ・住民登録を行なっている市区町村ではなく、今実際にお住まいの市区町村に福祉給付金の支給の申請を行うことができます。

 ※福祉給付金の給付申請手続きは、事前申出とは別に行う必要があります。

高齢者向けの給付金をよそおった「振り込め詐欺」や「個人情報の詐欺」にご注意ください。

◆高齢者向け給付金に関して、厚生労働省や市区町村の職員が

 ◎ATM(銀行・コンビニなどの現金自動支払機)の操作をお願いすることは、絶対にありません。

 ◎ATMを自分で操作して、他人からお金を振り込んでもらうことは絶対にできません。

 ◎「高齢者向けの給付金」の支給のために、手数料などの振込を求めることは絶対にありません。

 ◎住民の皆様の世帯構成や銀行口座の番号などの個人情報を照会することは、絶対にありません。

もし、このような電話がかかってきたり、郵便物が届いた場合は、迷わずに下記の問合せ先又は最寄りの警察署(または警察相談電話(#9110))にご連絡下さい。

 

このページに関するお問い合わせ

福祉保健課 福祉係
〒648-0281  和歌山県伊都郡高野町大字高野山636番地
電話:0736-56-3000  ファックス:0736-56-4745
このページのトップへ