○高野町消防職員の特殊勤務手当支給規則

昭和55年10月1日

規則第11号

(趣旨)

第1条 高野町消防職員の特殊勤務手当(以下「手当」という。)の支給については、この規則の定めるところによる。

(支給範囲及び手当額)

第2条 手当の支給範囲及びその支給額は、次表のとおりとする。

種類

支給範囲

支給額

備考

危険手当

消防職員(出動手当を支給している職員)

月額 1,200円

管理職を除く。

消防業務手当

正規の勤務時間の全部が午後10時から翌日の午前5時までの間に割りふられた勤務に従事した職員

1勤務 570円


通信指令業務手当

通信指令センターで通信指令業務に従事した職員

月額 3,000円


救急出動手当

救急業務の活動に従事した職員

片道20km未満 1回 200円

救急救命士には、1回につき700円加算。

片道20km以上40km未満 1回 300円

片道40km以上 1回 500円

火災等非常出動手当

消防活動・救助業務等に従事した職員

1回 300円


出動割増手当

月間2回以上正規の勤務時間外の時間において、緊急呼び出しにより勤務を命じられ、業務に従事した職員(その従事する時間帯の一部又は全部が午後10時から翌日の午前5時までの間に当該する場合に限る。)

勤務時間の合計が3時間未満 500円

管理職は除く。

勤務時間の合計が3時間以上 1,000円

2 出動手当と超過勤務手当の重複支給はしない。ただし、緊急の呼び出しにより勤務を命じられた職員はこの限りでない。

(支給方法)

第3条 この規則に定めるもののほか、手当の支給については、高野町職員の給与等に関する規則(昭和36年高野町規則第5号)の定めるところによる。

附 則

この規則は、公布の日から施行し、昭和55年10月1日から適用する。

附 則(昭和63年規則第8号)

この規則は、公布の日から施行する。

附 則(平成11年規則第1号)

この規則は、平成11年4月1日から適用する。

附 則(平成12年規則第10号)

この規則は、平成12年6月1日から適用する。

附 則(平成13年規則第4号)

この規則は、平成13年4月1日から適用する。

附 則(平成25年規則第13号)

この規則は、平成25年11月1日から施行する。

附 則(平成28年規則第1号)

この規則は、平成28年4月1日から施行する。

高野町消防職員の特殊勤務手当支給規則

昭和55年10月1日 規則第11号

(平成28年4月1日施行)

体系情報
第12編 防/第1章 消防本部・消防署/第2節
沿革情報
昭和55年10月1日 規則第11号
昭和63年4月1日 規則第8号
平成11年3月30日 規則第1号
平成12年5月30日 規則第10号
平成13年3月26日 規則第4号
平成25年10月31日 規則第13号
平成28年3月7日 規則第1号