1. ホーム
  2. 産業
  3. 農業
  4. 森林環境譲与税の使途について

森林環境譲与税の使途について

森林環境税について

 平成31(2019)年3月に「森林環境税及び森林環境譲与税に関する法律」が成立しました。これにより、「森林環境税」(令和6(2024)年度から課税)及び「森林環境譲与税」(令和元(2019)年度から譲与)が創設されました。

 令和6(2024)年度から個人住民税均等割の枠組みを用いて、国税として1人年額1,000円を市町村が賦課徴収することとされています。 

森林環境譲与税について

目的

 市町村においては、間伐などの森林整備や適切な森林経営の促進、人材育成・担い手の確保、木材利用の促進や普及啓発等の「森林整備及びその促進に関する費用」に充てることとされています。

しくみ

 交付税及び譲与税配付金特別会計における借入金を原資に、令和元(2019)年度から譲与が開始され、市町村や都道府県に対して、私有林人工林面積、林業就業者数及び人口による客観的な基準で按分して譲与されているところです。
 なお、災害防止・国土保全機能強化等の観点から、森林整備を一層促進するために、令和2(2020)年3月に「森林環境税及び森林環境譲与税に関する法律」の一部が改正され、令和2(2020)年度から令和6(2024)年度までの各年度における森林環境譲与税について、地方公共団体金融機構の公庫債権金利変動準備金を活用し、交付税及び譲与税配付金特別会計における譲与税財源の借入れを行わないこととした上で、森林環境譲与税の譲与額を前倒しで増額することとなりました。

使い途について

 適正な使途に用いられることが担保されるように森林環境譲与税の使途については、市町村等は、インターネットの利用等により使途を公表しなければならないこととされています。

○林野庁ホームページ「森林環境税及び森林環境譲与税」

https://www.rinya.maff.go.jp/j/keikaku/kankyouzei/kankyouzei_jouyozei.html#%E6%A3%AE%E6%9E%97%E7%92%B0%E5%A2%83%E8%AD%B2%E4%B8%8E%E7%A8%8E%E3%81%AE%E5%8F%96%E7%B5%84%E4%BA%8B%E4%BE%8B

高野町の使い途について

令和元年度

令和元年度森林環境譲与税決算状況 令和元年度 森林環境譲与税決算状況

森林環境譲与税を活用した主な事業

○高野町森林所有者意向調査業務委託事業

https://www.town.koya.wakayama.jp/sangyo/ringyo/12362.html

○高野町民有林間伐促進事業

/reiki_int/reiki_honbun/k521RG00000628.html

○高野町モク・ファースト・トイ事業

https://www.town.koya.wakayama.jp/sangyo/ringyo/13897.html

 

このページに関するお問い合わせ

建設課 農林係
電話:0736-56-2934
このページのトップへ