1. ホーム
  2. 町政
  3. 移住・定住
  4. 移住・定住(Iターン・Uターン)について

移住・定住(Iターン・Uターン)について

高野町の移住定住

高野町における人口は、平成17年国勢調査では4,632人、平成22年国勢調査では3,975人と4年間で654人減少している。平成27年国勢調査では3,352人となった。このことを踏まえ、人口流出に歯止めをかけるとともに、新規移住・定住者を受け入れていくための施策を重点的に行ってきた。平成24年度には高野町空き家等現状把握調査を実施し、空き家の数を把握したうえで、高野山地区以外の所有者にアンケート調査を行い、空き家の意向調査を行った。また、高野山地区へのアンケート及び「高野町空き家登録制度」のスタートにより空き家の数は40件となった。

 町外からの移住相談の数は、平成22年度は2件、平成23年度は1件、平成24年度は7件、平成25年度は25件、平成26年度は31件、平成27年度は37件と年々増加傾向にあり、移住希望者にとっては定住するための空き家が必要となり様々な施策を実施しています。

リフォーム補助金について

住環境整備(リフォーム)補助事業は、町民の皆さまの居住環境の向上や定住を促進するとともに、町内における経済活性化を目的として実施してまいりました。利用状況等を検討した結果、平成28年度をもって事業終了といたします。

ご自宅の改修を検討されている方は、2月末までに工事を完了し、実績報告書を提出する必要がありますのでご注意ください。

補助金の概要

リフォーム補助金

●補助対象者
  1. 高野町民であり現に改修しようとする住宅に入居している方
  2. 世帯全員が町税、使用料等の債務を滞納していない方
  3. 新規移住者において、工事完了後本町の住民となる方
●補助対象工事
現在住んでいる住宅の建物本体の住居部分に対して高野町内の業者等が施工する5万円以上のリフォーム工事
対象工事一覧表はこちら(PDF)
●補助金額等
リフォーム工事全体の1/2以内で最高20万円を補助します
●手続きの流れ
産業観光課 地域振興係で相談・申請を受け付けます
フロー図はこちら(PDF)

 ※注意事項:平成29年2月までに実績報告書が提出できる工事を対象としますが、先着順で受付を行っているため、
       年度途中で終了する場合があります

※PDFファイルの閲覧・印刷にはアクロバットリーダー(無償)が必要です。

移住定住補助金について

平成25年度より定住人口の増加及び活力ある地域づくりを推進するため
住宅の取得に対し補助金を交付します。
補助金の概要

移住定住促進補助金(PDF)

●補助対象者
  1. 高野町民の方または高野町民となる方
  2. 世帯全員が町税、使用料等の債務を滞納していない方
●補助金の種類・補助額
  1. 住宅の建設に対する補助金・・・補助対象経費の1/2 最高補助金額200万円
    ※新築の場合申請時に建築確認申請の写しまたは工事届の写しが必要です
  2. 中古住宅の購入に対する補助金・・・補助対象経費の1/2  最高補助金額80万円
●手続きの流れ
産業観光課 地域振興係で相談・申請を受け付けます
フロー図はこちら

※PDFファイルの閲覧・印刷にはアクロバットリーダー(無償)が必要です。

空き家登録制度について

空き家情報の登録にご協力をお願いします

高野町内にある空き家等の有効利用を通して、町民と都市住民の交流の拡大と移住定住の促進を図るため、空き家等の情報を登録する制度を開始しました。少子高齢化となり人口流出が進む今、移住定住施策に重点をおきさまざまな事業を実施しています。

そんな中、空き家情報登録制度を活用していただくことで移住希望者に情報を提供することが可能となりますので、空き家情報の登録にご協力をお願いします。また、ご親戚等ですでに高野町から転出されている方にもお声を掛けていただきたくよろしくお願いします。

【空き家情報登録制度要綱】
【空き家情報登録申込書】

※PDFファイルの閲覧・印刷にはアクロバットリーダー(無償)が必要です。

現在高野山地区への移住希望者が増えています。登録よろしくお願いします。

空き家の相談について

高野町では空き家の調査・登録制度など実施していますが、空き家情報を公開したり、ただ単に短期間住むところを探している、転勤でしばらく住みたい、という方には紹介をすることはできません。空き家を探すだけでしたら申し訳ありませんが不動産業者さんに依頼してください。高野町にどうしても定住したい!高野町の○○が好きで、仕事も探します。起業します。Uターンで戻ってくるが別に探したいという時はご相談ください。

しかし、高野町の現状として、高野山地区において賃貸の空き家はないに等しいです。貸し手となっていただく方も、相手がどんな方なのか不安に思いますので町が紹介するにはそれなりの信頼関係がないと勧めることが出来ません。高野町で近所づきあいが出来る人か、町内会に加入してくれる人か、町としても見極めていく必要があります。

不動産業のように空き家を転々と紹介することはできませんし、まずは話を聞かせていただいてからとなりますのでご了承ください。

相談時には以下をよくお読みになり相談申込書に記入していただきます。

高野町へ移住を希望される方へのお願い

相談申込書 

高野町移住定住促進住宅について

町内にある空き家を活用して、若者及び子育て世帯における定住者の住宅を確保し、移住定住促進を図る目的で平成27年4月1日からスタートしました。

空き家調査及び空き家相談を実施してきた中で、移住希望者は賃貸にて移住先を決めたいということに対し、所有者の皆様には、知らない人に貸すのも不安だし、改修費用を出すことが出来ないといった意見を踏まえ、空き家の利活用を促進し、人口増につながるための施策として実施します。

■空き家を提供していただける所有者の方はこちら → 移住定住促進住宅チラシ

■移住希望者で若者世帯、子育て世帯の場合

 移住希望者はまずご相談にお越しください。空き家の改修は入居者が決定してからとなります。

 その間、お試し住宅のご利用も可能となっています。通常の移住相談を経ていただくこととなります。

高野町移住定住促進住宅の管理運営に関する条例

お試し住宅について

 高野町での仕事が決まっているが住居を探している、高野町移住定住促進住宅に入居が決まったが改修中である、など、高野町での生活を始める事が確定している方等にお貸しします。その場合も役場に移住相談などお越しになり、町が決定した方に限ります。お試し住宅に入居後は、町内会活動などにも参加することが必須となっています。

■入居できる条件

(1) 本町への移住を希望している者であること。

(2)  高野町外に住所を有する者であること。

(3)  転勤等による転入予定者でないこと。

(4)  お試し住宅の使用に関し本町が行う施策に協力すること。

お試し住宅チラシ(高野山)

お試し住宅チラシ(花坂)

移住者起業補助金について

詳しくは県のホームページでご確認ください。

(移住者起業補助金活用実績)

平成25年度活用者 「高野キャンドル」さんの紹介 こちら

平成26年度活用者 「さらか はりマッサージ室」さんの紹介(facebookページ) こちら

平成27年度活用者  里山おやこカフェ「ちいさなたね」さんの紹介(facebookページ) こちら

移住者起業補助金は、起業資金の一部として最高100万円を補助いただける県の補助金制度です。

プレゼンテーションで審査され採択された方のみとなりますが、和歌山県外から移住後、起業を検討されている方はぜひご活用ください。

その他関連リンク

日本移住交流ナビ

田舎暮らし応援県わかやま

田舎暮らし応援県わかやまフェイスブックページ

 

このページに関するお問い合わせ

産業観光課 地域振興係
電話:0736-56-9001
このページのトップへ