1. ホーム
  2. 町政
  3. お知らせ
  4. 町制施行90周年並びに富貴村合併60周年記念事業

町制施行90周年並びに富貴村合併60周年記念事業

 

町制施行90周年並びに富貴村合併60周年を迎えました!

昭和3年の町制施行により私たちのまち「高野町」が誕生し、本年で90年、又、富貴村と合併し新たな高野町として歩み始めて60年の節目の年を迎えました。

この間、様々な出会いと出来事、そして感動の中で、先人達は立派にこの町を守り、後世に伝え現在のこのまちが成り立っています。

この記念すべき1年を町と住民の皆さまで一緒に盛り上げていきましょう!

記念式典

節目の年を迎えるにあたり以下のとおり記念式典を開催いたしました。

 日時:平成30年12月1日(土)午後1時30分

 場所:高野山大学 松下講堂 黎明館 

   次  第

(第1部)1時30分~

  オープニング映像

 記念式典

  • 開式宣言   高野町連合町内会 会長 中本勝也 様
  • 国歌・県民歌・町歌斉唱
  • 式  辞   高野町長 平野嘉也
  • 議長挨拶   高野町議会議長 大西正人
  • 来賓祝辞
  • 来賓紹介
  • 祝電披露
  • 記念ロゴマーク製作者の紹介及び感謝状贈呈 工藤和久 様
  • 功労者感謝状贈呈
  • 功労者代表挨拶

 

(第2部)3時20分~

1.高野和太鼓童ドンカカによる和太鼓演奏

2.高野山こども園園児による歌の披露

3.高野山小学生3、4年生による合唱

4.高野山小学校5年生 私の作文発表

5.花坂小学校生徒によるダンス

6.高野山中学校学習発表会映像

7.富貴中学校学習発表映像

8.3B体操

主な事業

 〇 平成30年6月21日(木) 

   青葉杯 高野町町制施行90周年・富貴村合併60周年記念バドミントン大会

 〇 平成30年8月26日(日)「夏期巡回ラジオ体操・みんなの体操会」

 〇 平成30年9月  高野町町制施行90周年・富貴村合併60周年記念 町民ゴルフコンペ

 〇 平成30年11月  高野町町制施行90周年・富貴村合併60周年記念柔道大会

記念事業ロゴマークを募集し決定しました!

高野町町制施行90周年並びに富貴村合併60周年記念事業のロゴマークを平成30年1月22日から2月28日までの期間に募集したところ28件の応募がありました。

厳正なる審査の結果、

青森県弘前市 工藤 和久 様のロゴマークが最優秀賞に選ばれました。

 

 

 

 

 

 

記念事業ロゴマークの使用について

高野町町制施行90周年並びに富貴村合併60周年記念ロゴマークを使用していただき、みなさんで記念式典の年をお祝いし盛り上げましょう。

なお、ロゴマークの使用に関しては、必要に応じて要綱に基づく申請が必要となります。

高野町町制施行90周年並びに富貴村合併60周年記念ロゴマーク使用要綱

高野町町制施行90周年並びに富貴村合併60周年記念ロゴマーク使用承認申請書

ロゴマークデータ

※JPEG保存はマークの上で名前をつけて保存してください。

ロゴマーク(文字無しVer.)

 

ロゴマーク(文字入りVer.)

高野町昔の様子

高野町が誕生した昭和3年当時、千手院付近で行われていた年末の「年の市」。
この市では60店ほどの商店が軒を並べ食器、衣料、食料品など様々なものが販売されていた。戦前頃までは魚などは公然と売ることが出来なかったため高野七口の一つである大滝口の女人堂跡で店を出していたようだ。

昭和元年に消失した金堂の再建のための地鎮祭、昭和7年に完成し、昭和9年に落慶式が行われた。

 

昭和4年に極楽橋まで電車が開通し、翌年(昭和5年)には、極楽橋駅から高野山駅までケーブルカーが開通した。まだ不動坂を歩いて登る人も多く、極楽橋付近はケーブルカーを利用する人と併せてたくさんの人で賑った。

昭和5年の高野山駅。

 

 

昭和5年当時の刈萱堂付近。
現在は県道となっている御殿川にはまだ橋が架かっている。
当時は102台の人力車が稼動し、最盛期の昭和9年には250台まで増えたそうだが、昭和30年に山内のバス乗り入れが許可されたのを境に次第に姿を消していた。

 

昭和23年の富貴の大火。中心部の150棟が消失するという被害があり、大変な苦労の末に無事復興し、もとの宿場町の街並みが蘇ったことで今は当時の痕跡は見られなくなっている。

昭和27年の青葉まつりの様子。
 三嶋天狗堂の前から一の橋方面に向かっての写真。

 

 

 

 

 

 

 

このページに関するお問い合わせ

企画公室 企画広報係
電話:0736-56-2932
このページのトップへ