1. ホーム
  2. 町政
  3. 各種計画
  4. 高野町歴史的風致維持計画

高野町歴史的風致維持計画

 町では、平成20年に施行された「地域における歴史的風致の維持及び向上に関する法律(通称、歴史まちづくり法)に基づき、「高野町歴史的風致維持向上計画」を作成し、平成31年1月24日に主務大臣(文部科学大臣、農林水産大臣、国土交通大臣)から認定を受けました。固有の歴史的風致を維持向上させ、さらなる魅力向上を目指して、歴史まちづくりを推進します。

左:田中国土交通大臣政務官 右:平野町長

 

※「歴史的風致」とは、「歴史及び伝統を反映した人々の活動」と「歴史的建造物及びその周辺の市街地」が一体となった良好な市街地環境と定義されています。

高野町歴史的風致維持向上計画【平成31年(2019)1月24日認定】

 

 ■計画期間:平成31年(2019)度から平成40年(2028)度までの10年間

 

 ■高野町歴史的風致維持向上計画(概要版)

 

 ■計画本文

  表紙・目次

  序章

  第1章 高野町の歴史的風致形成の背景

     第2章 高野町の維持向上すべき歴史的風致

  第3章 歴史的風致の維持向上に関する方針

  第4章 重点区域の位置及び区域

  第5章 文化財の保存又は活用に関する事項第5章

  第6章 歴史的風致維持向上施設の整備又は管理等に関する事項

  第7章 歴史的風致形成建造物の指定方針

  第8章 歴史的風致形成建造物の管理指針

  資料編・裏表紙

関連情報

・国土交通省(外部リンク)

・文化庁(外部リンク)

・農林水産省(外部リンク)

・近畿地方整備局(外部リンク)

関連事業

社会資本整備総合計画

高野町歴史的風致維持向上計画に基づく事業の実施にあたって、一部の事業については、国土交通省の社会資本整備総合交付金(街なみ環境整備事業)を活用しています。

街なみ環境整備事業

高野山地区街なみ環境整備事業計画~歴史と文化を守り伝え、万人の心と体を癒す空間づくり~はこちら

事前評価(社会資本整備総合交付金チェックシート)はこちら

「歴まちカード」を配布しています

歴まちカードとは

「歴史まちづくり法」(*1)制定10周年を契機として、歴史遺産の宝庫 近畿地方で歴史まちづくりに積極的に取り組む12都市が連携し、「歴史まちづくりカード(歴まちカード)」を配布しています。

歴まちカードは、歴まち認定都市(*2)の象徴的な風景写真や歴史まちづくり情報を紹介するカード型パンフレットで、歴史まちづくりに取り組む都市の魅力を発信するとともに、実際に各地域を訪れ、それぞれの歴史を肌で感じていただくきっかけになることを目的としています。

(*1)地域における歴史的風致の維持及び向上に関する法律

(*2)歴史的風致維持向上計画を策定し、国から認定を受けた都市

■歴まちカードチラシ

■高野町歴まちカード(カード表面)

-歴まちカード写真の紹介- 

「山上の聖地 壇上伽藍」

 ミシュラン・グリーン・ガイドの最高評価を受けている世界遺産高野山。壇上伽藍は奥之院と並び信仰の中心とされてきた聖地です。高野山が開かれて最初に建立された明神社や根本大塔【写真中央】など19の堂塔が建ち並ぶ壮大な空間が広がっています。(撮影:金剛峯寺)

 

■配布場所等

  配布施設:高野山観光情報センター

住   所:和歌山県伊都郡高野町大字高野山357

  駐 車 場:有り

  配布時間:9時~17時 

  定 休 日:12月29日~1月3日 

  問い合わせ:高野町役場企画公室 0736-56-2932(対応時間 平日8:30~17:15)

■配布枚数

  10,000枚(予定)

 ・国土交通省近畿地方整備局 歴史まちづくりカードのページはこちら

 

このページに関するお問い合わせ

企画公室 
〒648-0281  和歌山県伊都郡高野町高野山636
電話:0736-56-2932
このページのトップへ