1. ホーム
  2. 健康・医療・福祉
  3. 福祉制度
  4. 令和4年度住民税非課税世帯等に対する臨時特別給付金について

令和4年度住民税非課税世帯等に対する臨時特別給付金について

「コロナ克服・新時代開拓のための経済対策」として、新型コロナウイルス感染症による影響が長期化する中、様々な困難に直面した方々が、速やかに生活・暮らしの支援を受けられるよう、住民税非課税世帯等に対して、1世帯あたり10万円を支給します。

※今回の給付金は、『令和3年度臨時特別給付金』を受給された世帯に再支給されません。

支給対象となる世帯

次のいずれかに当てはまる世帯(※未支給世帯のみ)

  1. 住民税非課税世帯令和4年6月1日(基準日)において、世帯全員の令和4年度分の住民が非課税である世帯※住民税均等割が課されている方の扶養親族等のみで構成されている世帯は、支給の対象外となります。
  2. 家計急変世帯新型コロナウイルス感染症の影響を受けて令和4年1月以降家計が急変し、1.の世帯と同様の事情にあると認められる世帯※ 新型コロナウイルス感染症の影響によらない減収は対象外です。※ 基準日(令和4年6月1日)において、同一世帯に同居していた親族について、基準日の翌日以降に住民票の異動により、同一住所において別世帯とする世帯分離の届出をした場合は、同一世帯とみなし、どちらか一方の世帯にのみ給付となります。
支給額

1世帯当たり10万円

1.住民税非課税世帯の方

支給方法

確認書の返送が必要です。

対象となる世帯に給付内容や確認事項を記載した確認書を送付し、返送の確認をしたうえで指定の銀行口座へ振込みます。

なお、町が確認書を発送した日から3か月以内に必ずご返送ください。発送の時期は、令和4年6月末を予定しています。

【確認事項】

  • 住民税が課税されている方の扶養親族のみの世帯でないこと
  • 記載された給付金の振込み口座番号に誤りがないか(振込口座の記載がない場合や振込口座の変更を希望する場合、ご希望の口座番号を記入し、必要書類を添付してください。)
支給予定日

第1回目の支給日は令和4年7月25日(月)を予定しています。

第1回目以降、毎月23日(土日祝日の場合は翌営業日)に支給を予定しています。

2.家計急変世帯の方

支給方法

申請が必要です。

支給対象となる場合は、申請書、収入(所得)額の申立書などを提出(郵送可)してください。

申請書類
非課税相当額参考(給与収入の場合)

家族構成例

非課税相当限度額

(収入ベース)

非課税相当限度額

(所得ベース)

単身または扶養親族がいない場合 93.0万円 38万円
扶養親族(配偶者を含む)が【計1名】の場合 137.8万円 82.8万円
扶養親族(配偶者を含む)が【計2名】の場合 168.0万円 110.8万円
扶養親族(配偶者を含む)が【計3名】の場合 209.7万円 138.8万円
扶養親族(配偶者を含む)が【計4名】の場合 249.7万円 166.8万円
障がい者、未成年者、寡婦、ひとり親の場合(注) 204.3万円 135.0万円

注:障がい者・未成年・寡婦・ひとり親の場合でこの金額を超えるときは、「配偶者・扶養親族を扶養している」人数に応じた区分を適用する。

申請期限

令和4年9月30日消印有効申請期限を過ぎた場合は、申請を受け付けることができませんので、ご注意ください。

注意事項

  • 給付金の支給後、給付金の支給要件に該当しないことが判明した場合、給付金を返還していただく必要があります。
  • 修正申告等により市町村民税(均等割)が課税されるようになった場合、福祉保健課までご連絡ください。

住民税非課税世帯等に対する臨時特別給付金に関する情報

内閣府では、国民向けのコールセンターを設置しています。

フリーダイヤル番号:0120-526-145(時間:午前9時から午後8時(土日祝日を含む))

広報チラシ

詐欺にご注意ください

”振り込め詐欺””個人情報の搾取”にご注意ください。高野町から問い合わせを行うことはありますが、ATM(現金自動預払機)の操作をお願いすることや、支給のための手数料などの振り込みを求めることは絶対にありません。もし、不審な電話がかかってきた場合にはすぐに高野町の窓口又は最寄りの警察か警察相談専用電話(#9110)にご連絡ください。

このページに関するお問い合わせ

福祉保健課 福祉係
電話:0736-56-2933
このページのトップへ