こうや七不思議

一つ、高野にハブなし

むかしは、高野山にも大蛇のような毒ヘビがいて、参詣人を見つけると襲いかかって食べていたそうです。 これを聞いたお大師様は大変お嘆きになり、竹のホウキでこの大蛇を封じ込まれ、再び竹のホウキを 使う時代になれば封じを解くと約束されたそうです。

二つ、高野に臼なし

 	二つ、高野に臼なし
豊臣秀吉公が割がゆを所望されたとき、高野山には米臼がなかったので、米粒を包丁で二つに 切って献上したそうです。太閤殿下は米粒の切り口が見事なのにお気付きになり、「山には臼はないのか」と尋ねました。住職は、「はい、女人禁制の山に杵はたくさんありますが、臼は一つもありません」と答え、機転に満ちた対応に太閤殿下は上機嫌だったとか。

三つ、姿見の井戸

 	三つ、姿見の井戸
奥之院の参道、中の橋の橋詰に汗かき地蔵をお祀りしているお堂があります。 このお堂の右側にある小さな井戸は、姿見の井戸と呼ばれています。 この井戸をのぞきこんで、自分の顔が映らないと三年以内に死んでしまうといわれているそうです。

四つ、高野の大雨

四つ、高野の大雨
お山は開創以来、魚肉を禁じられていたので、肉食愛好の異人さんが登山すると お大師さまはお山を洗い清められたといいます。 また毎年御影供の翌日は不浄を流し清めるために大雨が降るとか。

五つ、玉川の魚

 	五つ、玉川の魚
大師さまは、玉川のほとりで小魚を捕って、串に刺して焼いて食べようとしていた山男を見つけ、小魚を買い取り、清流に放してやりました。小魚がすいすいと泳ぎはじめたので男は殺生の罪をくい、魚をとることをやめたそうです。 小魚の斑点は串のあとといわれ、今でもお山の人はこの魚を食べないそうです。

六つ、杖ヶ藪

六つ、杖ヶ藪
お大師様が京からの帰り道、今まで杖に使われていた竹の棒をもういらないと思い道端に さしこんだそうです。その逆さまの竹の棒が、やがて根をつけ、枝をはり、葉をつけ、大きな竹薮になったそうです。

七つ、かくばんざか

七つ、かくばんざか
奥之院参道の、中の橋を渡ってすぐさしかかる石段は、覚鑁坂とよばれています。 四ニ(死)を越えるという意味があるのか、四三段になっているこの坂は、万一途中で転ぶと三年ともたないと伝えられ、別名を三年坂とよばれています。
このページのトップへ