訪問看護

訪問看護

病気や障害をもった人が住み慣れた地域やご家庭でその人らしく療養生活を送れるように、診療所から看護師が生活の場へ訪問し、看護ケアを提供し、自立への援助を促し、療養生活を支援するサービスです。
医療保険・介護保険双方に対応できます。

houkan3

houkan2

 

訪問看護の内容

▷療養上必要なお世話
▷病状の観察
▷医師の指示による医療処置
▷医療機器の管理
▷床ずれ予防・処置
▷ご家族等への介護支援・相談 等を行います。

訪問看護の流れ

①まずは訪問看護の利用について、主治医かケアマネージャー(高野町社会福祉協議会・南山苑等)にご相談下さい。

②主治医が診察し訪問看護の必要性を判断します。
介護保険を利用する場合は、ケアマネージャーと連携し居宅サービス計画に訪問看護を組み入れてもらいます。(要支援、要介護認定が前提です)

③主治医が訪問看護の指示書を交付します。

④診療所の看護師がご自宅を訪問し、サービス利用調査のための調査とサービス内容をご説明し、患者さまご本人または代理人にご同意いただいた後、契約を交わします。

⑤訪問看護計画書を作成し、訪問看護サービスを開始します。

このページに関するお問い合わせ

高野山総合診療所 
〒648-0211  和歌山県伊都郡高野町高野山631
電話:0736-56-2911  ファックス:0736-56-2912
このページのトップへ