1. ホーム
  2. 健康・医療・福祉
  3. 医療保険制度
  4. 特定健診・保健指導について

特定健診・保健指導について

平成20年度から特定健診・特定保健指導がはじまりました

平成20年4月からメタボリックシンドロームに着目した特定健診・特定保健指導がはじまりました。
生活習慣病を未然に防ぐためには、健診による健康管理が決め手となります。

40~74歳のすべての方が対象です。

特定健診・特定保健指導の対象者は、医療保険(市町村国民健康保険、国民健康保険組合、健康保険組合、全国健康保険協会管掌健康保険、共済組合など)に加入している40~74歳の方です。ご家族を含め、医療保険に加入しているすべての方が対象となります。
高野町国保では毎年4月1日を基準に、40~74歳の加入者の方に『特定健診受診券』をお届けします。

メタボの該当者とその予備軍の人を早期発見

自覚症状がないまま静かに進行していく生活習慣病の発症を未然に防ぐために、メタボリックシンドローム該当者・予備群を見つけ出すことに重点を置いて行われます。
腹囲の計測や血液検査などの基本的な検査に加え、質問票で普段の生活習慣をチェックします。

生活習慣病改善のための保健指導を実施します。

健診の結果は一律の基準で3段階に階層化されます。
健診でメタボリックシンドローム該当者・予備群に判定された方は、保健師などからサポートを受けながら、自ら目標を立て、生活習慣の改善に取り組むことができます。

このページに関するお問い合わせ

福祉保健課 健康づくり係
電話:0736-56-2933
このページのトップへ