1. ホーム
  2. 健康・医療・福祉
  3. 健康づくり
  4. 特定健康診査・特定保健指導とは

特定健康診査・特定保健指導とは

  • 平成20年4月から始まりました。(高齢者の医療の確保に関する法律)
  • 実施主体は、医療保険者です。(保険証に表記されています)
  • 対象者は、40歳~74歳の医療保険加入者(国民健康保険・社会保険等の被保険者・被扶養者)です。
  • 特定健診の健診項目は21項目あり(内臓脂肪の蓄積、生活習慣病の程度に着目)基本健診より血液検査で7項目少なくなり、眼底検査がなくなります。(資料1)
  • 特定健診は集団だけでなく、個別健診として受診することもできます。
    (5月下旬より高野山病院、富貴診療所及び伊都橋本地域の開業医等で実施します。詳しくは、事前にお届けする受診案内等をご覧ください。)
  • 特定健診の結果に基づき保健指導のレベル分けがされ(階層化)保健指導を実施します。(資料2)
     特定保健指導 →『積極的支援』『動機づけ支援』『情報提供』
  • 特定保健指導は、知らない間に進行する生活習慣病を予防するために行います。 生活習慣の改善に向けて目標を設定し実践できるよう支援します。
  • 平成27年度には、平成20年度と比較して糖尿病等の生活習慣病有病者・予備軍を25%減少させることが政策目標として掲げられています。
検査項目 基本健康診査 特定健康診査
診察 問診
計測 身長
体重
BMI
腹囲  
理学的所見
血圧

脂質

総コレステロール  
中性脂肪
HDLコレステロール
LDLコレステロール
肝機能 GOT
GPT
γ-GTP
総蛋白  
代謝系 空腹時血糖  
ヘモグロビンA1c 空腹時血糖が110以上の者○
尿糖

貧血

赤血球
白血球  
血色素
ヘマトクリット
血小板  
腎機能 クレアチニン
尿素窒素(BUN)  
尿酸  
尿蛋白
尿潜血  
心機能 心電図
眼底検査  

このページに関するお問い合わせ

福祉保健課 健康づくり係
電話:0736-56-2933
このページのトップへ