地籍調査の工程

地籍調査の各種工程は便宜上、A~Gというようなアルファベット名がついた工程に分かれています。みなさんには直接知らなくても問題ありませんが、このような過程で国、県、町が地籍調査を進めていっていることをより理解していただくため、参考として説明します。

○工程別作業内容
(1年目)
A工程(国費対象外)・・・・(地籍調査事業計画・事務手続)
地籍調査事業実施主体における事業計画の策定及びこれに伴う事務手続き。(市町村直営)
B工程(国費対象外)・・・・(地籍調査事業準備)
地籍調査事拳実施主体における事業着手のための準備。(市町村直営)
C工程(国費対象)・・・・(地籍図根三角測量)
国家基準点等を基にし、GPS測量により地籍図根三角点を設置し測量する作業。(請負)
D工程(国費対象)・・・・(地籍図根多角測量)
地籍図根三角点(C工程)等を基にして、卜一ダルステーション等を用い、調査地域に多角網(1次、2次、3次路線)を構成するような地籍図根多角点を設置し測量する作業。(請負)
E工程(国費対象)・・・・(一筆地調査)
登記簿および公図を基にして、関係土地所有者の立ち会いのもとに、一筆ごとの土地について、その所有者、地番、地目および境界に関する調査で、地籍簿作成の基礎となる作業。(請負)
F工程(国費対象)・・・・(地籍細部図根測量・一筆地測量)
(FⅠー1工程)(細部図根測量)
地籍図根多角点等を基にして、トータルステーションを用い調査地域に多角網(4次、5次路線及び放射)を構成するような細部図根点を設置し測量する作業。(請負)
(FⅡー1工程)(一筆地測量)
E工程の完了した一筆ごとの土地について多角点等を基準とし測量を行う作業(請負)
(2年目)
(FⅡー2工程)(原図作成)
F1工程により測定された筆界点座標値の結果をもとに原図を作成する作業。(請負)
G工程(国費対象)(地積測定)
F1工程により測定された筆界点座標値の結果を、一筆ごとの土地の面積を測定する作業。(請負)
H工程(国費対象)・・・・(とりまとめ:地籍図および地籍簿の作成)
上記の各作業工程における調査および測量の結果作成された地籍簿案および原図を一般の閲覧に供して、成果品としての地籍簿および地籍図を作成する作業。(請負)
(3年目)
認証工程(国費対象外)・・・・(認証書類の作成、認証申請)
調査成果の認証申請、認証に基づく登記所への送付事務。

Koutei

このページのトップへ