BMW社製手引き消防ポンプ

大正12年納車された当時の写真

大正12年納車された当時の写真

大正12年に高野村と金剛峯寺が資金を出し、東京の竹田製作所に最新式のBMWエンジンを搭載した手引き動力ポンプを発注。

11月に納入される2箇月前の9月1日に発生した関東大震災において、竹田製作所から当ポンプを出動させ、神田、和泉町一帯の火災を防禦し、地域の住民から大変感謝されたと言われている。

この写真は、高野山に手引き動力ポンプが納入された時のものである。

現在の保存状態

古代消防資料館に保存している手引き動力ポンプ(大正12年製)

このページのトップへ