1. ホーム
  2. 町政
  3. お知らせ
  4. 中間前金払制度の導入について

中間前金払制度の導入について

本町におきまして、公共工事の適正な履行確保と建設事業者の資金調達の円滑化を図る目的として、令和2年4月1日から「中間前金払制度」を導入します。

※令和2年4月1日以降に契約締結する建設工事から適用します。

中間前金払制度の概要

中間前金払制度は、土木建築に関する工事において当初の前払金(請負代金額の40%以内)を支払った後、施工の中間時期に一定の要件を満たしている場合は、請負代金額の20%以内を追加して支払うことができる制度です。

部分払に比べて工事出来高検査などに伴う事務手続きが軽減されます。

中間前金払の対象となる工事

当初契約時の請負代金額が300万円以上(消費税額を含む)の土木建築に関する工事です。

 

高野町建設工事に係る中間前金払に関する取扱要綱

中間前払金請求書様式(工事)様式第1号【請求書】

中間前払金請求書様式(工事)様式第2号【工事履行報告書】

中間前払金請求書様式(工事)様式第3号【工程表】

中間前金払認定書様式(工事)様式第4号【認定書】

このページに関するお問い合わせ

総務課 地籍・公共施設再整備室
電話:0736-56-3000  ファックス:0736-56-4745
このページのトップへ